お金(節約術)

マイホームは頭金・貯金なしでも買える時代!メリット・デメリットを解説

  • マイホームを頭金・貯金なしで購入できるのか? 
  • 後々になって苦しくならないだろうか? 

上記のように考えている人は多いのではないでしょうか?  

結論から言えば、マイホームは頭金・貯金なしで購入するのは不可能ではありません。 

とはいえ、自己資金を用意しない状態でマイホームを購入することには、メリットとデメリット、そして注意点があります。それぞれ詳しく解説するので、ご参考にしてください。 

マイホームは頭金・貯金なしで購入できる!メリット・デメリットと注意点

マイホームは頭金・貯金なしでも購入できるケースはあります。要は銀行で住宅ローンの審査さえ通れば何の問題もありません。そして頭金・貯金なしだからこそのメリットもあります。 

一方で、やはりデメリットの方が大きいので、リスクを考えれば頭金・貯金なしでのマイホーム購入はお勧めできません。 

メリットとデメリット、それぞれについて詳しく解説するので、ご参考にしてください。 

マイホームを頭金なしで購入できるメリット

頭金・貯金なしで購入するメリットは、早い段階でマイホームが手に入ることです。何らかの理由で早く入居したい人には便利ですよね。 

貯金はあって、頭金なしで購入するなら、以下のメリットがあります。 

  • 手元に現金を残せるため当面の生活費を確保できる 
  • 家具や家電に費用をかけられる 
  • 住宅ローン控除の効果が最大化する 

まず手元の現金を頭金に回さないなら、相当な金額を手元に残せます。これにより当面の生活費を確保することが可能になります。 

また、家具や家電などの購入に費用をかけられるのもメリットです。 

そして、住宅ローン控除の効果が最大化するのもポイント。借入金額が大きくなり、所得税に対する控除率を高められます。 

なお、頭金の有無での最終的な返済総額は、住宅ローンシミュレーションで確認可能です。 

一方でデメリットがある

一方で、頭金も貯金もないとなると、住宅ローンが使えないかもしれません。 

借入金額が大きく、返済期間も長くなるため、銀行も契約には慎重になります。審査の結果、住宅ローンが組めず、そもそもマイホームを購入できないというケースはあるでしょう。 

頭金か貯金どちらかがあれば、審査はある程度通りやすくなります。 

ただしローンを組んだあとには以下のデメリットがある点も知っておきましょう。 

  • 借入金額が多いため返済総額が増える 
  • 月々の返済額が大きくなる 
  • 住宅を売却した段階でもローンが残るかもしれない 
  • 金利上昇があった場合の影響が大きくなる 

上記のとおり、頭金・貯金なしでマイホームを購入するには大きなデメリットがあります。 

やはり返済総額と月々の返済額は心配です。思ったように収入が伸びなかった場合は、返済に困るかもしれません。 

そうでなくとも返済額が大きいと家計が圧迫されるため、やや苦しい生活を強いられる可能性もあります。 

そう考えると、やはり自己資金ゼロでマイホームを購入するのは怖いものがあるでしょう。せめて頭金か貯金、どちらかは十分に準備するのがおすすめです。 

後々の計画をきちんと立てるのが重要

マイホームを買うことに、頭金と貯金は必須ではありません。銀行の審査が通る場合は、住宅ローンを組んで購入することは可能です。 

ただここで重要になるのは、後々どのように家計を維持して返済していくのか、きちんとした計画を立てることです。 

頭金が入っていないなら、返済総額が大きくなります。返済期間や完済時の年齢、あるいは月々の支払額などを総合して、無理なく返済できるようなプランを考えましょう。 

また、貯金がないと、病気や怪我などがあったときに生活費に困る場合があります。 

さらに、家電や家具などを購入する必要もあるはずです。これを機にきちんとした貯金の計画を実施するのがよいでしょう。 

マイホームを頭金・貯金ありで購入するのは基本だがデメリットもある

頭金と貯金を事前に用意するのは、マイホーム購入時の基本です。一時的な出費はありますが、長期的に見ればさまざまなメリットがあります。 

一方で意外にもデメリットがあるため、その点に関しても解説します。 

頭金と貯金を用意した上で購入するメリット

メリットとしては以下が挙げられます。 

  • 月々の返済額をおさえられる 
  • 返済総額が少なくなる  
  • 住宅ローンが通りやすい 
  • 突然の出費に備えられる 
  • 貯金によって精神的に安心できる 
  • 金利上昇のリスクをおさえられる 

上記のとおり頭金と貯金を用意すれば、多くのメリットが得られます。 

一番のメリットは、月々の返済額と返済総額をおさえられるため日々の暮らしが楽になり、将来的な家計にもある程度安心感を持てることでしょう。 

また、貯金を用意することによって、万が一に備えられます。その備えがあること自体が心強く感じられる側面も。 

まとまった金額を用意するのは、もちろん大変です。一方でそれに見合ったリターンがあるといえるでしょう。 

意外なデメリットも

一般的には賢明なイメージがある頭金・貯金ありでのマイホーム購入。しかし、意外にも以下のようなデメリットがあります。 

  • 頭金・貯金を用意するのに時間がかかる 
  • それまでの住居には家賃を支払う必要がある 
  • ベストな住宅の購入を逃す可能性がある 

まず頭金・貯金を用意するのには相当な時間がかかります。また、それ相応の努力も必要です。 

そして、その期間に賃貸住宅に住んでいるなら、家賃を支払わなければいけません。そのお金をローンの返済に回せないのは明確に損をしています。 

さらに頭金・貯金を用意している間にベストな住宅・土地が売れてしまうことも。 

たしかに頭金・貯金を充分に用意するのは手堅いやり方ですが、上記のようなデメリットがある点も知っておきましょう。 

場合によっては予定より早く購入に踏み切ったほうがよいケースもあります。 

頭金いくらくらい?

頭金は、日本住宅保全協会によれば10%が目安です。このパーセンテージであれば、多くの金融機関を選択肢に入れられます。 

もちろん10%以上用意しても問題ありません。 

関連記事:マイホームの頭金はいくら必要?ゼロ円でも大丈夫?

手元現金はいくら残すべき?

手元現金、つまり貯金をいくら残すかは世帯によってそれぞれです。 

ただひとつの目安として、「3ヶ月〜6ヶ月分の生活費に相当する金額」が挙げられます。これだけの現金があれば、ただちに生活に窮することはありません。 

頭金を入れるのは重要ですが、当面のリスクを考え、ある程度は手元に現金を残すようにしましょう。 

マイホームを頭金なし・貯金なしで購入することに関するQA

本記事ではマイホームを頭金・貯金なしで購入することに関して解説しました。ここではよくある質問に関してQ&Aの形式で解説します。 

  • 年収300万円でも頭金なしでマイホームは購入できる? 
  • 30歳・40歳が貯金なしで家を買うことは可能? 
  • 35歳・45歳が頭金なしで住宅ローンを使える? 

それぞれについて詳しく解説するので、参考にしてください。 

年収300万円でも頭金なしでマイホームは購入できる?

年収300万円かつ頭金なしでも、マイホームを購入、つまり住宅ローンを組むことは可能です。 

たしかに、審査では年収と頭金が多い方が有利なため、年収300万円と年収2000万円では大きな違いがあるでしょう。 

しかし、金額だけで審査されるわけではありません。その収入が安定していて今後も継続が見込まれるかどうかも重要視されます。 

つまり、年収300万円でも、それが継続的で月々の返済額に無理がないなら、たとえ頭金なしでもマイホームを購入するのは可能です。 

関連記事:年収300万円でも家は購入できる?住宅ローンを組む際のポイントや注意点を解説

30歳〜40歳が貯金なしで家を買うことは可能?

30歳~40歳でも、貯金で家を買うのは不可能ではありません。 

頭金が多かったり、収入が安定していたりすれば、住宅ローンの審査も通りうるでしょう。 

ただし、年齢が高いと、働いていない状態で何年か返済する必要が出てくる場合もあります。 

また万が一の生活苦に備えるため、貯金はある程度用意しておきたいところです。 

35歳〜45歳が頭金なしで住宅ローンを使える?

35歳〜45歳の人でも、頭金なしで住宅ローンを使うことは可能です。たしかに頭金は欲しいところですが、要は銀行が要求する収入とその安定性、あるいは無理のない返済計画があれば問題ありません。 

一方で頭金がなければ借入総額と返済額が大きくなり、定年退職を迎えた時期に返済を実施しなければいけないかもしれません。 

なお住宅ローンは最長で35年契約で、完済時の年齢は80歳未満である必要があります。となると、最長で契約する場合のリミットは44歳です。 

この年齢に近い人は、住宅ローンの契約を急いだほうがよいかもしれません。 

一方で頭金の用意で返済期間を短縮したり、返済総額を減らしたりすることも検討したほうがよいでしょう。

関連記事:40代独身は賃貸と持ち家どちらがいい?メリット・デメリットと判断のポイント 

まとめ

本記事ではマイホームを頭金と貯金なしで購入することに関して解説しました。最後に重要なポイントをおさらいしましょう。 

  • 頭金と貯金なしでマイホームを購入するのは可能 
  • 収入が安定していれば、銀行の審査をクリアし、住宅ローンが組める可能性は充分にある 
  • マイホームを早く手に入れられる上、うまく計画すれば住宅ローン控除の効果で返済総額を安くすることも可能 
  • 一方で月々の返済額が大きくなったり、金利上昇の煽りを受けたりする点には注意 
  • 頭金と貯金があれば、返済にも日々の暮らしにも余裕が持てる 
  • 総合的に考えれば頭金と貯金、最低でもどちらか一方は用意するのが賢明 

マイホームを頭金と貯金なしで購入するのは、意外と無理のある話ではありません。ただし返済や近々の暮らしをどうするか、よく考える必要があります。 

タクトホームの住宅ブランド「グラファーレ」では、高品質な新築住宅を提供しております。累計59,000件の施工実績に裏打ちされた技術とノウハウで、すばらしい住み心地をお約束。 

また仕入れから設計、そして販売に至るまで自社で実施する「一貫専任制」でコストを落とし、低価格かつ高品質な家づくりを実現しています。 

頭金や貯金に不安がある方も、ぜひ一度ご相談くださいませ。